株の儲け方を学ぼう|初心者に知って欲しい3つのポイント

ボードゲームで投資を学ぶ

グラフ

マルチ商法に注意

キャッシュフローゲームはアメリカで開発されたボードゲームの一種で、楽しく遊びながら金融や投資の知識を学ぶことが目的です。現在ではネットでも遊べるようになっていて、日本にも数多くのキャッシュフローゲーム会が存在します。参加費用は1回につき500円〜1000円程度で、自己啓発の一環として人気があります。ただしキャッシュフローゲーム会は、マルチ商法の勧誘に使われている場合もあるので注意が必要です。具体的には参加者をセミナーや講演会に連れて行き、高額の費用を払わせたり、自分のネットワークビジネスに出資させたりするケースです。主催者の正体が不明だったり、いたずらに収益性を強調したりするような会には、近づかないほうが良いでしょう。

資産運用の基礎

キャッシュフローゲームは正しく使えば、資産運用の基礎を学ぶのに有効です。銀行預金以外に不労所得を稼いだことがなく、何をすれば良いのか分からないという初心者は、とりあえず遊んでみることで知識を身に着けられます。またある程度の経験がある方には、やや高度な上級編も用意されています。ほかに子供用のキャッシュフローゲームもあります。お金に関するセンスを磨くには役立つでしょう。コツコツ働くだけでは収入にも限界があります。キャッシュフローゲームに勝ったからといって、現実の世界で金持ちになれるわけではありません。しかし学校では教えてくれないファイナンスのノウハウを学べることは、キャッシュフローゲームの大きなメリットと言えます。